欢迎访问黑龙江省科学院官方网站   | 访问旧版网站 | 加入收藏 | 设为首页
Situation of Academy科院概况
RESOURCE SHARING
资源共享
合理利用 共享资源
了解更多

黒竜江省科学院は省政府直属の総合的な自然科学研究機構である。1958年に中国科学院黒竜江分院として設立され、主として基礎応用研究、戦略高新技術、重点的公益科学研究などに展開し;重点実験室、工程センター、中間試験基地を重点的に建設し;国内および国際科学技術の交流と合作を発展させ;関係機関と協力して省の科学技術の発展を目的とし企画と計画を提案する。さらに、省政府の委託を受けて、中国科学院、中国工学院との合作を推進する。現在既に各学科を合理的に割り当てて、科学研究の特色が鮮明になるように体系つけられ、かつ、全省の革新的な技術が支え合って、先端的な相乗効果が発揮されている。

黒竜江省科学院は高技術研究院、石油化学研究院、大慶分院、微生物研究所、技術物理研究所、自動化研究所、自然と生態研究所、エネルギー環境研究院、火山と鉱泉研究所、黒竜江省対露工業技術協力センター、生物肥料研究センター、科学技術孵化センターなどの機関を擁している。「湿地と地域生態保育国と地方連合工事実験室」、「中国医学細菌の保存管理センター緑膿桿菌実験室」、「特殊接着材料国家地方連合工事研究センター」と「化工新材料国際連合工程研究センター」など4つの国家級重点実験室と工程センターおよび「燃油石炭クリーンエネルギー重点実験室」、「民間非動力核技術応用省級工程研究センター」、「黒竜江省機能の陶磁材料工程技術研究センター」、「亜麻生物材料深加工と利用工程研究センター」、「黒竜江省自動制御工程技術研究センター」と「黒竜江省鉱泉飲み物の中間試験基地」など18箇所省,部級重点実験室、中間試験基地、工程センターを擁しており、国家黒キクラゲ産業技術革新戦略連盟の創立することに組織として加入した。黒竜江省の化学、生物工学、微生物、自動化学会を主催しているため、「化学と接着」、「自動化技術と応用」、「国土と自然資源研究」、「生物技術」や「黒竜江科学」などの科学技術の定期刊行物を出版発行する。

人材を育成する点では、あらゆる分野から優秀な人材を集め、各部門が有機的に機能できるシステムを構築し、院監督研究委員会指導し、院学部委員を核心とうして、千人計画専門家、政府特別手当専門家、国家と地方に貢献した中青年専門家、長江学者特任専門家など高級人材を中心として青年科学技術者を新手としたチームを組織し、黒竜江省科学院を持続的に発展させる取り組みを行なっている。

国家と全省戦略需要の切り口を堅持して最適な科学研究の推進を図っている。つまり、触媒反応工程、ファインケミカルエンジニアリング、有機高分子材料、機能複合材料、微生物、微生物の薬物学、核探査技術及び核電子工学、放射線物理と技術、制御の科学と技術、コンピュータの意思決定支援システム、植物学、生態学、庭園の植物学(園芸植物学)、エネルギー化学などの分野で自分の特色を生かして、国と地方の経済発展に重要な貢献をした。創院以来、科学技術の成果2000数項を獲得し、特許350数項を取得、ソフトウェア著作権の20数項、省部級以上の科学技術奨励200数項、その中、国家級奨励の18項を取得した。

技術革新サービス産業の発展において、高度に進歩した科学技術を地元に還元すべく成果を普及させたり、産業基地建設などの方面で企業との研究共同体を組織している。現在「接着剤、水、肥料、菌、麻、核、生態”を重点として、3 D印刷、グラファイト材料、空気電離、生態保育、バイオマス総合利用、特色動植物、寒地の観賞植物、ブラックシリーズ機能食品、液体雑穀乳などを特色とする技術革新して、業界で指導性を発揮して産業の発展を大きく寄与した。

「開放管理」という方針を重点的に絶えず強化し、消化、吸収し、再建能力を強める。全员が「借り船で海へ行く」という理念で、最新の国際革新資源を吸収し、高いレベルの基礎研究と高い技術科学研究を連携して推進させ、革新的に国際協力を推し進めている。 現在すでに確立したのは、「ユネスコ国際自然と文化の宇宙技術センターハルビン分センター」、「中国とカナダ麻植物共同研究開発センター」、「中国と日本空気電離技術開発センター」、「中国と韓国グラファイトと炭素材料の研究開発センター」、「中国とウクライナ炭素グラファイト材料の共同研究実験室」、「中国とウクライナ工業大麻植物共同研究開発センター」、「中国-ロシア核分析実験室」、「中国とベラルーシ接着剤共同研究開発センター」、「CIS経済貿易科技共有プラットフォーム」、「黒竜江省-アルバータ省瀝青や重油共同研究センター」、「黒竜江省科学院-イルクーツク科学センター協同開発基地」、「国家の特殊接着多品種、小ロボット基地」、「黒竜江省科学院-ハルビン工業大学高度エネルギー化学及び交差科学連合実験室」、「清華大学建築環境と設備の研究所-黒竜江省エネルギー環境研究院のエネルギーと環境との共同研究チーム」、「黒竜江省3 D技術革新とサービスセンター」、「黒竜江省両化融合化促進センター」、「天津大学ディーゼル燃焼学国家重点実験室-黒竜江省エネルギー環境研究院双燃料技術研究センター」、「黒竜江省林下経済資源開発と利用協同革新センター」、「黒竜江省グラファイト合成ダイヤモンドやハイエンド応用工程技術研究センター」など研究開発プラットフォームである。ロシアの地理的な優位性を発揮し、ロシア科学院シベリア分院のイルクーツク科学センター、ベラルーシ科学院、ウクライナ科学院、ベラルーシ国立大学などの研究所、大学と深い協力関係を構築した。アメリカ、カナダ、日本、マレーシア、スペイン、韓国、アルゼンチン、チェコ、イスラエル、フィンランドなどの国と地域共同研究開発プラットフォームを確立し、客員教授の相互招聘、規模化な留学生の派遣活動を活発化させる。  

党の建設や組織文化建設を推進することを根本として堅持し続き、研究環境を最適化する。「実情を監察し、正直を表現し、実際と相応しいことを提案し、実効を求め、事実を求め」の「五実」の立院観念で、神明に誓って革新し、勇敢に登り、失敗を包容し、人文を調和し」の組織文化精神で「5大環境の整備」を建設と「大科学院」という大科学院の理念を人々の意識の中に入れて、職員全体の仕事に対する情熱を鼓舞させる。

黒竜江省科学院の「唯実求真、厚積博新」の院訓を価値観が求めて、十年一剣を磨くという科学研究の精神をリードとして、「革新2020」発展計画を目標として掲げ、科学技術事業の歴史的な使命感に燃え、絶えず前進しよう。

お問い合わせ:唐煥偉
Tel:+86-451-82673113
E-mil:tanghuanwei1998@126.com